Internetって

いんたーねっとやそのさーびすとかについてもろもろ書いていきます。

IPoEサービスの申込の手間について

excite MEC光の申込について思うところがあったので書いてみる事にしました。

通常、他社のIPoEサービス(IIJのDS-Liteも含め)を申し込む際、必ずと言っていいほど「CAF」と「アクセスキー」というものを申込者自身で確認して申込画面に入力するなどしなければいけないと思いますが、excite MEC光にはこの「アクセスキー」の入力がないんです。


また、この「アクセスキー」はかなり厄介なもので、フレッツ開通時のNTTから送付されてくる初回の資料にしか書いておらず「CAF」のように請求書にも記載されておりません。よって、いざIPoEの申込をしたいけど「アクセスキー」がわからないとなった場合には、NTTに依頼して郵送で再発行していただくしか方法がないのが実情です。

 

しかし、excite MEC光の申込には不要。。。


ちょっと悩みました。

 

(あくまで想像の域なのでちがっていたらごめんなさい)

これは、サービスを考えた人また提供している人はよく考えたなと感服する思いですが、コラボでしか提供していない訳がここにあるんだと思います。


まず、エキサイトが申込者になりかわり「アクセスキー」を入手しなければいけませんが、通常はNTTが発行し契約者が管理するものであるため、エキサイトが把握する事は不可能です。

 

ただ1点をのぞいては。

 

その1点とは、転用時の回線事業者が変わるタイミングで、「アクセスキー」の発行管理がNTT⇢エキサイトに移譲されるものと思います。そのタイミングではじめてエキサイトが「アクセスキー」を把握することができると思うので、コラボしかexcite MEC光は提供してないんだと思います。

 

これにより契約者が「アクセスキー」を調べるなどの煩わしい手間を省けることもあり、あまり回線に知識がない人でも容易に申込ができるんだと思います。
(エキサイトではかなりの時間と労力がかかると思いますが)

 

実際にそうだとしたら、どこも取り入れてない細かい手間を省くなんて頑張ってますねエキサイトさん。

 

確かにサポートがいまいちと思う点も、ナビダイヤルも好きじゃありませんが、こういったところで頑張ってくれてるのはとっても嬉しいですね。