Internetって

いんたーねっとやそのさーびすとかについてもろもろ書いていきます。

固定電話網のIP化について

2017年10月16日にNTT東西から「固定電話網のIP化」が発表されました。


 <NTT東日本>
  http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20171017_01.html
 <NTT西日本>
  https://www.ntt-west.co.jp/news/1710/171017a.html

 

内容としては前から議論になっているとおり、現在のPSTN網をIP化することで、10年選手の設備の老朽化に伴う維持コストの削減や通信の主流となっているFTTH(光)をメインとした高速通信網への移行が促され、通信網としてはだいぶスリム化できる事と、全国一律でIP化って実は世界初(だった気がします)の試みです。

 

これにより、素人考えでありますがいくつか考えさせられる点があると思います。

 ①ISDNサービスの廃止
 ②ADSLサービスの廃止
 ③NTTグループの再編

①と②については、ISDNは主に個人事業主や企業向けに複数回線の所有(固定電話とFAXなど)やCATなどの需要、ADSLは個宅向けインターネット通信とまだまだ需要はあると思いますが、そう遠くない未来にサービス終了の波が訪れることはすでに織り込み済みだと思います。


そういったことから「光コラボ事業者さん今からチャンスですよ!」って感じになると思うのですが、最大の変化は③ですよね。

 

いままでは県内通話はNTT東西の管轄であって、それ以外の通話はNTTコミュニケーションズの管轄だったと記憶しています。
これが、今回のIP化によって通話はぜーんぶNTT東西の管轄になるということです。

 

NTTコミュニケーションズはなにやるの??
ひょっとして法人ビジネスとクラウド専業??

 

なーんて思ったり思わなかったり。

 

整理すると、NTTがまたもや再編かなーってことです。
 ①固定電話&国内インフラ→NTT東西
 ②携帯及び個人向けインターネットサービス→NTTドコモ
 ③法人向けサービス&国際インフラ&クラウドNTTコミュニケーションズ
 ④映像系サービス→NTTぷらら

この動きが加速すると今頑張っているISPとか関係なく、やっぱり「NTT vs KDDI vs SoftBank」なんだなと。

そんな妄想もたまにはします。。。